注文住宅の引き渡し前に実施する完成検査も重要!どこをチェックすべき?

注文住宅の引き渡し前に実施する完成検査も重要!どこをチェックすべき?

注文住宅が完成したらいよいよ引っ越しをして新しい生活が始まります。
何も不具合などがなければ良いのですが、トラブルがあると安心安全に生活が送れなくなってしまうことも。
テレビ番組で取り上げられるような欠陥住宅などもってのほかです。
住み始めてからのトラブルを回避するために、引き渡し前に内覧会が設けられ完成検査を行います。
この内覧会では床が斜めに傾いていないか、ドアの開け閉めはスムーズに行えるか、ネジなど足りてない箇所はないかチェックしたり、契約した内容や設計図通りに完成しているのかを確認します。
チェックの際は建物の内部の方に目が行きがちですが、建物の基礎や外壁といった建物の外側や天井や床下など普段の生活では見えないような場所を点検するために設置されている点検口なども確認しておくことが大切です。
チェックするために必要なメジャーやカメラといった持ち物も準備しておくと良いでしょう。
注文住宅の引渡し前のチェックは、細部まで行うことが大切です。

注文住宅は建設期間中に見学することができる

注文住宅を選ぶ多くの人が口を揃えて言うことは、間取りや設備はもちろんのこと、目に見えない細部にまで自分のこだわりを反映できるのが魅力だということです。
マイホーム造りに徹底的にこだわって完成した家は、世界に一つだけのマイホームだと言えるでしょう。
ただ、自分のこだわりを建築に活かすことができるいってみても、家主が建築の知識に精通しているというケースは稀です。
大概がそうした知識を持ち合わせていません。
注文住宅を造る課程では、打ち合わせの席に営業担当者や設計者が同席してもらうことが大切です。
建設期間中に分からないことはすべて質問し、自分が理想とする具体的な家のイメージを直接伝えることができます。
もう一つ、建売住宅ではできない注文住宅の大きなメリットとして挙げることができるのは、自分のマイホームができる課程を一から十まで実際に確認できるということです。
建売住宅の場合は完成済みの家を見て、それが気に入れば契約するという場合が多いですから、その建物の建築過程を見ることができません。
大切なマイホームですから建築過程を自分の目で確かめることで、欠陥住宅や手抜き工事などへの不安もなくなります。
このとき職人さんとコミュニケーションをとることで、様々な疑問を気軽に訊ねることもできるようになるでしょう。
気になることがあればすぐに確認することも可能です。

に関する情報サイト
注文住宅の施主検査についてお教えします

このサイトでは念願の注文住宅引渡しの前に行われる施主検査について解説しています。
家が完成すれば施工工事は終わりかもしれませんが、家族の暮らしはスタートします。
住み始めてから不具合や欠陥というトラブルが見られると、生活に支障をきたしてしまうことも。
完成後から先の生活を安心安全に暮らすために引渡し前に念入りなチェックをしておくことが大切です。
検査の際に知っておいて良かったと思えるような情報をお届けします。

Search